身近な被害状況

刺されると大きな被害に発展してしまうハチは、ミツバチやアシナガバチなど色んな種類が存在します。これらのハチから身を守るために駆除サービスが必要であり対策を立てることが大切です。

アメリカでも被害あり

日本のみならずアメリカなどでも被害が拡大しているトコジラミは、吸血性の害虫とされています。現在は自宅だけではなく安宿にも発生されることがあり被害に遭うケースが増えています。

オススメリンク

害虫駆除

過去の実績で判断

裏屋根などに潜むケースが多いコウモリは、自分だけで解決できる問題ではありません。できるかぎりプロの駆除業者に依頼をすることが大切であり、先に料金を確認してから対応してもらうようにしましょう。

現地調査で解決

身近に存在しないと思われているコウモリですが、実は自宅周辺に潜んでいるケースがたくさんあります。コウモリによる被害を受ける前に適切な対策をとることが自分や家族を守るカギになります。

住宅を守る術

羽アリが家にいるのを見つけたらもしかしたらシロアリが住み着いてるかもしれませんよ。シロアリ駆除業者に一度相談してみましょう。

白い悪魔

近年住宅を脅かす白い悪魔と呼ばれているのが、シロアリ。見知らぬ間に住宅に侵入をしてしまい、そこから増殖していく害虫の一種です。この害虫は1匹あたりがすごく小さいので、たとえ発生したとしてもそこまで大きな被害に至らないと思われるでしょう。しかし、実際に発生するとすぐに繁殖活動がはじまり、あっという間に数万匹、数十万匹というような数に至るので住宅を食い荒らすことになるのです。この被害から住宅を守る為に必要なことが専門の駆除サービスであり、全国で利用できるサービスとなっています。住宅は大きな買い物であり、生活の拠点となる場所です。ここが危険に晒されるとなれば放置しておくことはできないでしょう。だからこそ、シロアリの被害が出てくる状況にあれば対策を立てる必要があります。

シロアリごときで大騒ぎをする必要はないと思われるかもしれませんが、実際の被害状況は大きなものであり、想像をしているよりもはるかにすごいです。実際にシロアリの被害を受けた住宅は基礎となる部分が大きくダメージを受けて倒壊の危険性が出てきます。それは過去にあった阪神・淡路大震災でも出ていたことであり、シロアリ被害に遭遇した住宅の大多数は、倒壊もしくは半倒壊の被害が出ています。シロアリの影響を受けていない住宅と比べると圧倒的な数であったことから、シロアリ駆除の必要性と重要性が高まったと言われています。なかなか素人目には気づくことのできないシロアリですが、専門の駆除業者に住宅診断を受けることで発見することは可能です。手遅れになってしまう前に、専門の診断サービスを受けて住宅の安全性を確保するようにしましょう。